価格など比較:旧モデルネスカフェ バリスタHPM9631と新モデルバリスタTAMA PM9633

手軽に美味しいインスタントコーヒーを淹れられるバリスタ。

初めて味わった時にはかなり驚いて「絶対買う!」と思ってしまいましたが、無くても良い家電品であるのと、置き場が必要なことから買わず終いになっていました。

しかし、新モデルのTAMAの価格もお正月シーズンを明けてグーンと安くなったのもあり、本気で購入を考えています。

20160103110156_p

 

購入しようとしたところ、旧モデルが安い価格で売られており、どちらが良いのか非常に迷ったので比較してみました。

旧モデルと言っても、定価設定がそもそも低いのであって、併売といったところです。

ネスレ HPM9631PR

ネスレ HPM9631PR

価格:4,600円(税込、送料別)

 

 

 

 

 

 

 

 

旧モデルのバリスタ(HPM9631PR)と新モデルのバリスタTAMA(SPM9633R)、それ程大きな違いは無く、デザインを多摩美大が手掛けたことと、形状がコーヒー豆の玉に近いことからTAMAの愛称が付いているようです。

確かに可愛い。

淹れられるコーヒーの種類は差が無く、”エスプレッソ”、”ブラッククーヒー”、”ブラッククーヒー(マグサイズ)”、”カプチーノ”、”カフェラテ”の5つです。

カフェラテの時は、ブライトなど粉を先にカップに入れておくと、高圧ジェットでフワフワに泡立ててくれます。

 

カラーの違い

モデル名でHPM○○はメタリックな色合いで、高級感があり、SPM○○はメタリック感がありません。また、HPM9633にはピアノブラック、PM9631にはネスレ通販限定のウッディブラウンがあります。

ネスレショップ_ラインナップ

同額であるなら、これらを入手できると良いですね。

ウッディとか惹かれます。

 

大きさの違い

大きなポイントは、デザインが可愛くなったこともありますが、36cmから背が4cm低くなり、棚の中にも置き易くなった点があります。

20160103110131_p

とは言っても蓋を開くとそれなりの高さが必要になってしまうのですが・・・。

コーヒータンクの違い

コーヒーの補充時も、旧モデルではタンクを装着したまま上部カバーを開け、補充用のコーヒー容器をひっくり返して入れるのですが、TAMAでは、一度タンクを出し、横に倒して補充口を上に向けて補充します。

20160103110156_p↑左がTAMA、右が旧モデル。旧モデルは補充口が上部にあります。20160103110217_p↑TAMAのコーヒータンク。装着時は上だった面が右側になってます。

なので、テーブル等に置いて使うのであれば、上部が解放されているので旧モデルのが手間が少なく済むので、良いかもしれません。

 

操作部の違い

操作もタッチパネルの採用で、いくぶん使い易くなっています。

TAMA操作部TAMA

旧モデル操作部

旧モデル

耐久性はおそらくタッチのが良いでしょう。

 

トレイの違い

20160103110116_p (1)トレイは、TAMAが高さを変える機能が無くなりました。

20160103110050_p

↑旧モデルのトレイを外した状態

旧モデルはトレイの挿し込み溝が2ヶ所あり、高い位置にトレイを固定することが出来ます。

これは、注ぎ口の位置が高いからでしょう。

アイスコーヒーを作る際、背の高いグラスではこちらのモデルで無ければ入らないこともあるかもしれません。
20160103110104_p

↑右に見えているのがトレイです。

一番違う水タンク

水タンクの容量が200ml増えました。

20160103105921_p

↑左がTAMA、右が旧モデル

ここで重要なのが、TAMAには嘴の様な取っ手が付いている事です。

これが非常に持ち易いのに対し、右の旧モデルの場合は左右から挟むだけで支えねばならず、特に水を入れた後は片手で持つのが非常に危なっかしいのです。

恐らく使い続けていれば、1度は落として床を水浸しにしてしまうことでしょう。

 

価格ももちろん違う

価格ですが、実はネスレ通販オンラインショップが左右しています。

ネスレ自身、”初売り”や”2000円分ポイント”、”マシン代金無料”などの企画を打ち出して、魅力的な価格、条件で売り出しているものですから、市場もそれに合わせた価格になります。

初売りについてはこちら

「初売り バリスタ4,980円(送料無料)おまけ付、バリスタTAMA7,980円(送料無料)

最初に必要となる”ネスカフェ ゴールドブレンド エコ&スステムパック(70g)」と「スティック ブライト6本」が付いてくるので、かなりお得です。

おまけ

 

プレミアムカラーのHPM9633でしたらこれらになります。

 

旧モデルならこちら。

 

ヨドバシの通販もお得!
[img-link-capture url=”http://www.yodobashi.com/ec/product/100000001002590441/index.html?gad1=&gad2=g&gad3=&gad4=56278881131&gad5=1211838617932480152&gad6=1o2&xfr=pla&gclid=CjwKEAiAk7O0BRD9_Ka2w_PhwSkSJAAmKswx00-eQDJEFVskuLcEWU-U31rs_NZNQu5SGV-lPsX6exoCgOTw_wcB” title=”ヨドバシ.com – ネスレ Nestle HPM9631PR [ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ/プレミアムレッド]【無料配達】”]

 

これらを比較すると、PM9631とTAMAでは概ね3000円の差。

この3000円の価値ががTAMAのデザイン、水タンクの持ち易さ、タッチパネルにあるかどうかで判断することになります。

今の気分ではTAMAのプレミアムレッドでしょうか。

ウッディブラウンの旧モデルでも良い気もします。

結論は、アントワネット(嫁)の意見を聞いてみてからと言う事にしましょう。

ではでは。

 

次の記事

 

twitter-logo_10

スペシアのツイッターです。 :

応援のポチッ!して頂けると飛び上がって喜びます。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へにほんブログ村

〔トラコミュ〕

~お問合せ~

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

*関連コンテンツ*







2 件のコメント

  • 明けましておめでとうございます♪

    バリスタでしょ〜。

    皆さんはどうかわかりませんが、神経質な僕は毎回分解掃除をするので面倒で面倒で…。

    粉の溶け残りがベタベタするのがどうも不衛生に見えてしまって。
    固着して動作しないこともあるそうです。
    なので新居では全く使用しておりません。

    少し飛び散ったりしますしね。

    食洗機だと手入れもラクになるのかな〜。

    あ、機種は古い方です。

    参考までに♪

    • おお~
      ありがとうございます。

      調べてみたら、同じ悩みを抱えていた方が、隙間に乾燥材を置いたら非常に調子良いと書かれてました。

      でも、旧モデルを結局捨ててしまった方が、TAMAを買ったら調子良いという記事を見つけました。

      どうもTAMAのが改良されていて良さそうです。

      コッタさんのコメントで、どうも結論が出た様です。

      大変参考になりました。

  • コメントを残す